特集 英会話スクール選びのコツ

英会話スクールに通うメリット

英会話スクールに通うメリット

企業のグローバル化が進み、社内の公用語を英語にする企業や社員にミドルネームをつける企業も増えてきたことで、英語を学ぶ方が増えています。更に、小学校でも学校指導要領が改訂され、5・6年生から英語が正式に教科として導入されたことで、幼児・子供向けの英会話スクールへの需要も高まっています。

社会人向けの英会話スクール

英語を教えるプロによる指導

英会話スクールに通う上で最も大きなメリットは、英語を教えるプロの指導が受けられることです。各英会話スクールでは日本人にいかに効率よく英語を教えるかを研究した上でカリキュラムやテキストを作成しています。また、レベル別でレッスンを行っているスクールも多いので、初心者でも安心してスタートできます。

学ぶ習慣をつける

お金がかかるから独学で・・。とお考えの方もいるかもしれませんが、独学にはある程度の基礎力と継続する力が求められます。英会話上達で最も重要なポイントは、学ぶ習慣をつけること。そして、英語で会話をする環境にできる限り長く身をおく事です。英会話スクールはこの2つの条件を兼備えた環境であり、英語力を上達させる近道といえるのです。多くのスクールでは予習復習のフォローも行ってくれるので、意欲さえあれば、おのずと学ぶ習慣が身についていきます。

同じ目的を持つ仲間との出会い

英会話スクールに通っている方は誰もが「もっと英語を話せるようになりたい。」と思っています。自分と同じように英語に興味があって、「上達したい!」と思っている人たちとの出会いは、あなたのモチベーションをより一層高めてくれるはずです。英会話スクールに通う本当のメリットはこの点かもしれません。

幼児・子ども向けの英会話スクール

学校の授業にスムーズに適応

2011年度から小学校5・6年生に英語の授業が導入されました。英語は子どもにとって非常につまずきやすい科目と言われています。英語に対して抵抗のない幼い頃から英語に慣れさせることで「我が子が学校で遅れをとらないように。」と、英会話を習わせているというご家庭も増えているようです。

私立校の受験対策

大学全入時代を迎えた今、子どもの将来のことを考えて私立の幼稚園・小学校に入園・入学させたいと考えている親御さんが増えてきています。小学校の入試になると、英語を取り入れている場合も少なくありません。こうした理由で幼い頃から英会話を習わせているというご家庭も増えているようです。また、英語で保育を行うプリスクールやインターナショナルスクールも人気を集めています。

バイリンガルに育てたい

お受験や学校の授業対策という理由以外にも、英語と日本語を話せるバイリンガルに育てたいという思いを持つ親御さんもいらっしゃいます。「英語力や国際的な考え方を身につけて、広い視野を身につけさせたい」「将来はグローバルな企業で活躍を」など早くからお子さんの将来を考えている方も増えているようです。

自分に合った英会話スクールを探すにはどうしたらいいの?